本文へスキップ

千葉県東金市 山武市 八街市 旭市の中古住宅無料査定と買取,処分したいが持ち出しは嫌だ

TEL. 0475-50-1866

〒283-0005 千葉県東金市田間1291-6

会社によって査定金額がバラバラ当社ではこうして査定金額を出しています

説明補足  
当然ですが各社によって査定方法は異なります。

中古住宅を査定してもらおう

でも、各社によって査定方法が異なってはダメなんじゃないのかな...?


定められた査定マニュアルが有りますから、だれがやっても同じになるハズ...ですね。
基本的には同じになりますが、不動産は一つ一つ同じものは全くありません。
だから、基本的にはマニュアルですが、これに各社独自に培ってきたプラマイ要素を加味して、最終価格を出しているのです。
ですから、担当者の経験が浅かったり、査定現地が普段取り扱わない地区であったりするときは、「これなら売れる」という自信を持った価格が出てこないのです。


当然、売りたいお客様に迎合した、何年経っても売れない価格がまかり通ってしまうのです。
「国で定めた査定手順で出た価格で統一すれば良いじゃないか」

一応統一されているのです。
例えば、この物件が競売になった時、裁判所が出す「最低基準価格」は、それは非のつけようがないほど、詳細に渡って計算査定されたものです。
ですが、実際にはこの価格は、参考にしかならないのですね。

あくまでも、このくらいの価格ですという事です。
だから、これ以上の価格が付いたり、全く買い手がつかなかったりするのです。



そこで、当社はこのようにして査定価格を出しています。

〇先ず、その地区で売りに出されている「土地価格」を調べ、路線価格と
 比較してみます。

公表された路線価格の対象地と目と鼻の近さであっても、全く違った価格になる場合もあります。
例えば、路線価格がその地区で最も便の良い公道(国道.県道.市道等)についているのに、査定対象地はミニ開発の住宅団地内であるケース。
路線価格の出た周辺環境は、比較的公的な設備(水道.ガス.排水等)が整っているが、査定の対象地は、井戸.PG.個別浄化槽などで有る場合。

路線価格の周辺の地区では、道路1本を隔てただけで極端な違いが有ることが少なくありません。
そして、経験上このような地区に売地が非常に多いのです。不思議ですね。
思い切って売却しよう

価格もピンキリと言えます。
理由は簡単!
バブル期に買った価格を基に、あまり損切りをしたくない売主様、相続したが使用目的が無いため処分したい売主様、今の相場で良いから売れる時に売ってしまいたい売主様。

今、坪当たり1万円が相場の土地も、バブル期には坪当たり40万円以上していました。
当然、同じような地区の、同じような土地の売却希望価格が、3万円から数十万円という幅が生まれてしまうのは仕方が無い事なのです。

この事を前提に、先ず対象物件の土地価格を想定します。
その上で、公的機関や金融機関が使用している建物の品等格差率、原価率等で建物の価値を出し、土地価格と合計する方法を取っていますが、はっきり言って、この方法では需要と供給がマッチした価格にはなりません。


建物や土地は、同一地区内で同時期に建てた、同等規模の建物で有っても、全く同じような価格にはならないのです。

品等格差率や原価率等は、その建物を使用している(使用していた)方たちの性格や年齢によって違う手入れや、補修内容が違っても、同じ時期の同じ構造物であれば、ほぼ同じ金額になってしまいます。

その不動産の使い方次第では、
同じ時期に建てられた物も、外見上では10年以上の年数の違いが出てしまう事も少なくないのにです。


建物に隣接した森や林が有るだけで、建物の傷み方が違ってしまいます。

場合によっては「風よけ」となって建物を守ってくれる事もあり、場合によっては樹木の花粉や枯葉や枯れ枝で建物が汚れたり、場合によっては周辺の根が敷地内に侵入してきて排水管を壊したり。
良い面も悪い面もいっぱいあるのです。
だから、どんなに立派な資格を持っている人が机上でマニュアルに従って査定金額を出したとしても、現地を見た上での査定には敵いません。

建物内部も、同じ築年であっても全く違ったものになっています。
従って、マニュアルに従った建物の査定金額を出した上で、これらの現地調査上の結果を加不足して、最終的に金額を決めます。
ですから、売主様が考えていた金額とは全く違う結果になることも少なくありません。
売主様は、少しでも多く手元に残したいのが当然ですね。
でも、場合によっては、交通費くらいにしかならないこともあるのです。


むしろ、お金をかけて処分しなければならないケースも年々増えていると言えます。
今の日本の「空き家状況」から見れば、お金をかけて処分するのが当たり前になってしまうのではないでしょうか。

私共は、仮にこのような場合であっても、売主様に負担をかけないで売却する方向を提案しております。

最終的には、お手元には幾らくらい残るのか...それをしっかり掴んでおく事こそ、不動産を売却するときに必要なことだと思います。
大手の業者の査定が正しいとは言えません

当社の査定書は「不動産の鑑定評価の関する法律」に基づく鑑定評価書では有りません。
あくまでも、培ってきた経験に基づき、現実的に売却できる価格を提示させていただいております。


従いまして、お客様のご都合による裁判所への査定書の提出や、法に関係したお仕事上「査定書を数件集める」為だけの査定書作成依頼はお断りする場合も御座います。


バナースペース

株式会社建洋

〒283-0005
千葉県東金市田間1291-6

TEL 0475-50-1866
FAX 0475-50-1867


明らかに現実化してきた
負の不動産=負動産

一部の地区ではバブル期の再来というほど、不動産の価値が上がり、一部の地区(地方の大多数)では、いくら安くしても売れない!
バブル期の再来も東京オリンピックまでという囁きも流れる等、いま、不動産の価値はどうなっているのでしょう。

でも、今もこの先も、見方や考え方を変えれば、貴重な財産であることには違いないのです。

私共では、皆様の貴重な不動産の無料査定と同時に、一番良い活用(売却を含めた)方法を共に考えていきます。