本文へスキップ

千葉県東金市 山武市 八街市 旭市の中古住宅出張無料査定と高価買取

TEL. 0475-50-1866

〒283-0005 千葉県東金市田間1291-6

不動産やってなんとなく取っ付きにくい...不動産屋さんって何となく話しにくい気

説明補足(私見です) 不動産屋(会社)が何となく「とっつきにくい」訳

○○○○○○○○イメージ
普段私たちは、自分の家や周りの家が幾らするかなど考えて生活しているわけではありません。やはり、専門家に聞いてみるのが一番確実です。
不動産屋に聞いてみたい....でも、なんとなく聞きにくい。

不動産屋って
何となく胡散臭い気がしませんか(笑)?


そもそも、不動産屋の印象は世間的にあまり良いとは言えません。諸外国に比べてステータスが低いとはよく言われることです。その原因はこんなところに有るのではないでしょうか。

最初に言われるのが、ボロ儲けする商売だってことですね。
確かに、今でこそ売買成立の際の報酬金額が法で定められていますが、ちょっと前までは1円で買ったものを1万円で売ったなど、実際に有ったようです。

商売の鉄則から言えば、ごく当たり前のことで、安く仕入れて高く売る、なにも不思議ではありません。
ただ、不動産の場合は単位が大きいのですね。
例えば飴玉1個を1円で仕入れて、1000円で売れますか?
無理でしょう。どんなに頑張っても100円ですね。
飴玉の相場があるからです。単位は仮に1万個の取引だとしたら、1万円の仕入れが100万円で売却できたという事になりますね。利益はなんと99万円です。


じゃ、不動産で考えてみましょう。但し、あくまでもバブル期より以前の話です。
ここにタンボが1反歩あります。
当時、東金地区のちょっとした田んぼの価格は、坪当たり40万円。
従って、1反歩では約300坪ですから、1億2000万円ですね。
所有者がどうしても売らなければならなくなったと仮定しましょう。
買ってほしいのですから、いくら高い時代でも思った通りの金額では売れません。
坪当たり30万円で売却したとします。
これを購入した不動産会社又は個人は、9000万円で購入したわけです。
で、売却は...当時は次の日に売れたそうです...ちょっと高めに42万円。
売却金額1億2600万円。その仕入れと売却の差額は、3600万円!

不動産売買は、このように桁外れだったようです。
まともに働くのが嫌になる。だから、ちょっとした土地や建物の売却の話があれば、あっという間に広がって、あっという間に売れてしまうのです。あくまでもバブル期の話です。

特に、バブル期には1億総不動産屋と言われるくらい、いろんな方が不動産に手を出していました。
20代そこそこの若い人が、金時計や金鎖で誇らしげに身を飾っていて、不快感をまき散らしていたのも記憶に新しいところです。
都内の喫茶店などでは、何億という不動産の話を辺り構わず大声でしていたものです。
また、所謂アウトロー的な方も沢山いたのです。
このあたりまでが、不動産屋は怪しい匂いがするとみられていた時代ではないでしょうか。

では、現在はどうなのでしょう。
ご安心ください。やはり、地に足がつかないで儲けたお金は「アブク銭」でした。その当時、こうして大金を手にした大多数のブローカー的存在の方は、バブル崩壊し、経済が安定すると共に消えていきました。
バブル当時、相当数の不動産取引が有ったのは当然で、それと共に取引上のトラブルも決して少なくは有りませんでした。

当然ながら、不動産取引の第1線に立つ「宅地建物取引主任者=現在は宅地建物取引士」の責任が重くなり、現在では国家試験の中でも、仕事の内容に比例して責任の重さが際立っていると言われる資格になっています。


バナースペース

株式会社建洋

〒283-0005
千葉県東金市田間1291-6

TEL 0475-50-1866
FAX 0475-50-1867


明らかに現実化してきた
負の不動産=負動産

一部の地区ではバブル期の再来というほど、不動産の価値が上がり、一部の地区(地方の大多数)では、いくら安くしても売れない!
バブル期の再来も東京オリンピックまでという囁きも流れる等、いま、不動産の価値はどうなっているのでしょう。

でも、今もこの先も、見方や考え方を変えれば、貴重な財産であることには違いないのです。

私共では、皆様の貴重な不動産の無料査定と同時に、一番良い活用(売却を含めた)方法を共に考えていきます。