本文へスキップ

東金市と周辺の不動産情報 中古住宅無料査定と買取 顕著になってきた不動産の「負動産化」

電話でのお問い合わせは0475-50-1866

〒283-0005 千葉県東金市田間1291-6

Topics2 古い建物は「解体」して「更地」に
した方が売れるのでしょうか?

古いと言っても、どの程度古いのでしょうか?
更地の方が売れる場合もあるし、そのママの方が良い場合もあります。
結論から言いますと、私共が取り扱う地域内で限れば「現況売却」が一番お勧めです。


但し、ケースバイケース。
アクセスの良さや環境の良さ、立地条件が整っている区域なら、更地の方が売れるでしょうね。逆に、更地にしたら全く売れない場合もあります。
それは、私共が扱っている地域の特性にもよります。

地域の特性がありますから、一概には決めつけられませんが、ここでは私共の経験から「更地にしない方が良い訳」についてご説明いたします。

例えばここに土地50坪、建物30坪の平均的な住宅があります。
解体を考えるのですから、築年はかなり古い(住めない事もない)物だとします。売却して100万円以上を手元に残したいことが条件です。
  比較的良い住環境に有ります。
本件の土地は公表された「路線価格」の位置には近いのですが、周辺環境は全然違います。
 

周辺の相場は坪当たり40,000円とします。
単純に50坪×40,000円=2,000,000円と考えました。

〇同一地域内には、坪当たり20,000円以下のものや、80,000円近いものも 混在しています。

 売りに出している所有者様の考え方の違いで、これだけの差がついている
 のです。
 じゃ、20,000円ってメチャ安いのではないかとなりますね。
 安いでしょうね...でも、売れていません。20,000円のものが売れないの
 に、80,000円なんて売れる訳がないじゃないか!
 誰が考えてもそう思いますが、これには色々訳があります。
 同じ地区でも、学校や買い物が徒歩圏内であったり、電車利用が近かっ
 たりで、同一地区内でも大きな価格差が出るものです。

とりあえず、この建物を解体するのかしないのか?

周辺の土地価格は坪当たり40,000円ですから、目標は、解体して最低200万円で売りたい!
という事は、売却金額から解体費用を差し引いたものが、手残り金と考えて良いのですね。

建物解体費用はどの位になるのでしょう?
一般的には木造で、坪当たり34万円といわれています。私共の発注では坪当たり1万円近いものもありましたが、これはケースによります。

例えば、解体に使用する機器類が搬入しやすいかどうか(道路の広さや隣接
建物の状況によっても大きく変わります)。人力だけが手段なのか。アスベ
スト(石綿)等は使用されていないかどうか。
鉄骨造やRC造ではない事。
とにかく、この建物の解体費用は一切合切で30坪×4万円=120万円だとします。

土地価格4万円×50坪=200万円
そこから解体費用
建物30坪×4万円=120万円を引き、差額80万円!
取り合えず手取りは確保できますね。でも、目標の手取り100万円には届きません。


確かに計算上では更地にして売れた時は、目標には届かなくても手取り金が残ります。
でも、すぐに売れるかどうかは分かりません。
売却成立の際には「仲介手数料」も必要です。
解体したらすぐに売れて、全てが順調に進んだ時の話ですね。

  それよりも、
解体費用はどうしましょう。
手持ち金を出しても、売れるまでは回収できないのです。
直ぐ売れれば、一時的な出費で済みますし、絶対に更地の方が売れるばあいは、地元の不動産屋さんが一時的に立て替えてくれるでしょう。

再度、確認いたしましょう。
比較的人気のある住宅地で、更地にすれば売れる可能性がある場所で、解体に余分な手間暇がかからず一般的な解体費用で済むことが確認できて、建物内の残置物は全てご自分で片付けて、解体費用は自分で出して、且、短期間に買い手が付いたときに手残り金が出るのです。


土地の需要が十分に見込める地域の場合には、解体更地での売却をお勧めします。
ただ、残念ながら私共が取り扱う地域で、更地にすれば即売れる地域は、極めて少ないのが現状です。
もし、解体するかしないかでお悩みの時は、ご一報いただけたら、適切なアドバイスをさせて頂きます。

一般的には、解体するかどうか悩んでいる建物は、不動産業者としての観点から見れば、そんなに補修が必要な建物を売ったら、後々、瑕疵担保の問題が発生して、余計な手間暇に煩わされるのは嫌です。
私共では、例えどんなに建物が古くても、どんなに残置物が残ていても、必ずそれを必要とするお客様がいるという信念で売却のお手伝いをしてまいりました。

ここに挙げた例も、残置物はそのままで、現況のまま売れた方が良いのではないでしょうか。
現況で幾らなら売れるのか、業者が買い取ってくれるなら幾らなのか。
売却査定はその為に行うのです。
査定依頼したから、どうしても売らなければならないというものではありません。

むしろ、どれほど補修にお金がかかろうと、土地建物が安く手に入れば良いと考えているユーザーも少なくは無いのです。
買った不動産の使用目的は何でしょう?
投資にしたり、ご自分の趣味の隠れ家にしたり、直してみたら意外に住みやすかったり。人様々。
どんな建物でも、付いている方が
売りやすいのが本音です。


こちらのページでは、私共が扱っている地域の土地建物の特殊性をご説明いたします。
不動産が財産の時代は終わりました。
不動産を持っていることが負担になる前に、是非ご相談ください。

現実に売れる金額の査定と、お客様のご理解のもとに、スピーディな売却成果をあげるために、ご依頼頂いたお客様との信頼を大切にして参ります。


明らかに現実化してきた
負の不動産=負動産

一部の地区ではバブル期の再来というほど、不動産の価値が上がり、一部の地区(地方の大多数)では、いくら安くしても売れない!
バブル期の再来も東京オリンピックまでという囁きも流れる等、いま、不動産の価値はどうなっているのでしょう。

でも、今もこの先も、見方や考え方を変えれば、貴重な財産であることには違いないのです。

私共では、皆様の貴重な不動産の無料査定と同時に、一番良い活用(売却を含めた)方法を共に考えていきます。