本文へスキップ

千葉県内の中古住宅を売りたい 千葉県内の中古住宅無料査定と買取

TEL. 0475-50-1866

〒283-0005 千葉県東金市田間1291-6

様々な売却事由

こちらのぺーでは、このサイトの中で、もっと詳しくご説明したい項目ごとに追加しました。


1.売却に至った様々な理由
   前向きな処分、手放さなければならなくなった為の処分、負の財産化
  しつつある為に早めの処分、完全に負動産化してしまったための処分
  、本当にいろいろな訳があります。

  
あなたが売却査定を希望されている理由は、この中にありますか?
   負の不動産となる前に 中古住宅の無料査定依頼

2.査定方法に対する考え方の違い
   どこに依頼しても、やりかたが同じなら「似たり寄ったりの査定価
   格になる」んじゃないの?会社や、経験で違ってきます。


3.当社の査定はこのようにして作成しています
   査定方法の一定のマニュアルは有りますが、不動産は、何一つ同じも
  のが有りません。同じような条件に当てはめると、全く売れない査定
  価格が出てしまうのです。


4.何となく不動産屋はとっつきにくい訳
   時代の変化とともに、不動産会社のステータスも徐々に上がりつつあ
  りますが、やはり今でも、不動産屋は何となく取っ付き難いって感じ
  ていませんか?
  何故、そんな印象が不動産屋についてしまったのか、結構深い訳が有
  るのです。

  中古住宅の買取

5.不動産価格を知るうえで、大切な「路線価格」がイマイチな訳
  国の基準ですから、素直に従えば良いのでしょうけれど、なんとなく
  現状と合わない部分が多いのです。あくまでも「私見」です。


6.不動産売買の瑕疵担保責任とは

7.物件掲載が多い不動産屋さんが、良い不動産会社とは言えない訳
   絶対にそうだとは言えません。判断基準は難しいです。
  大手不動産業者や、チエーン店の場合はこの説明に当てはまりません。

  
8.中古住宅を売るとき、解体して「更地」にした方がいいのか
   更地の方が売れると思っているからですね。
  ケースバイケース!
  地域性や物件の環境で、絶対に「こうしなければならない」というも
  のは有りません。
  ただ、私共が扱っている地域の範囲内では、間違いなく更地より「建
  物が付いている方が良い」と言えます

  古い建物は解体した方が良いのか

9.不動産が安定した財産ではなくなってしまった訳
  
現実化してきた負の「不動産」=負動産
  現在でも、どこかの土地の一部では価格が上昇しています。
  東京オリンピックに関係した場所のようですが。
  でも、あの「バブル崩壊&少子化&団塊世代の終焉」という要因が重
  なって今や不動産は「負動産」化しているのは事実です。

  不動産の価値が変わってきています
  
  負の不動産となる前に考えよう

10.不動産の地域性について
  「タダでも要らない」と言われる不動産があります。
  不動産って、どんなものでも必ずほしい人がいるんじゃないの?
  需要と供給のバランスが取れない土地が沢山あります。

  中古住宅の査定

近年、住宅事情が大きく変化しつつあり、当地区でも空家が目立ってきております。
今の段階では、まだ価格次第で需要者が見込まれますが、これ以上空家の供給が多くなると、よほど特徴が有る好条件の物件で無ければ、全く売れないという時代が来るのではないでしょうか。
現時点の当地の不動産は、立地条件.建物の損傷具合等は、購入検討材料に大きな比重をもちますが、まだ、価格次第という段階だと言えます。
まだ購入者層がいると言う事で、近い将来、少子化の影響も有り購入者層が薄くなってくるのは当然で、並行して中古住宅の供給過剰の時代が参ります。
その時点では、購入者にとっては、比較検討材料がふんだんにあり、当然、買主側の一方的な差し値を受け入れなければ売却できない事になるでしょう。


お考えください!
今、仮に100万円の価値が有る建物が、10年先にはどうなるのでしょうか?
この10年間に建物の経年劣化は当然のこと、この間に支払う維持費などを考え、更に購入者層の減少を加えて予想しても、今の価格では売れないのではないでしょうか。

私共は、今現在の売却のお手伝いをさせていただいております。
 

現実に売れる金額の査定と、お客様のご理解のもとに、スピーディな売却成果をあげるために、ご依頼頂いたお客様との信頼を大切にして参ります。


バナースペース

株式会社建洋

〒283-0005
千葉県東金市田間1291-6

TEL 0475-50-1866
FAX 0475-50-1867


明らかに現実化してきた
負の不動産=負動産

一部の地区ではバブル期の再来というほど、不動産の価値が上がり、一部の地区(地方の大多数)では、いくら安くしても売れない!
バブル期の再来も東京オリンピックまでという囁きも流れる等、いま、不動産の価値はどうなっているのでしょう。

でも、今もこの先も、見方や考え方を変えれば、貴重な財産であることには違いないのです。

私共では、皆様の貴重な不動産の無料査定と同時に、一番良い活用(売却を含めた)方法を共に考えていきます。